火災保険ってどんな物を選べば良い?失敗しないための選び方!

火災保険でも保障される対象が変わる?

火災保険は大事な家を守るために重要な物ですが、実はプランによって保険の対象になる部分が変わってくるんです。大きく分けると建物に掛かるもの、家財に掛かるものの2種類あります。建物というのは建物の基礎だったり、車庫だったりと建物に付属されていて動かせないような物を指します。一方家財というのは、テレビや冷蔵庫、パソコンなどの事を指すんですね。なので何を守りたいかによって、火災保険のプランを選ぶ必要があるんです。

自分の建物の構造はしっかり確認しておこう!

火災保険を選ぶ時、気になるのが保険料だと思います。長く払い続ける事になるので、安いか高いかは重要ですね。実はこの保険料ですが、建物の構造によって変わってくるんです。鉄筋の建物なのか、コンクリートなのか、木材なのかで万が一火災になった時の損害も変わるので、保険料も上下してしまうんですね。基本的には木造だと保険料が高く、コンクリートのように頑丈なタイプの建物は保険料が安くなる傾向があります。まずは自分の建物がどのタイプか確認してから、保険を選ぶようにしましょう。

火災保険は補償範囲にもしっかり注目しよう!

火災保険は災害や事故で出た損害を補償してくれる物ですが、補償される範囲はプランによって変わってきます。火災だけしか補償されない物もあれば、水災や漏水による水漏れまで補償してくれる物まであります。ここをしっかり把握しておかないと、何かの事故で家に損害が出た時、補償されると思ったらしてもらえなかったなんて失敗も出てしまうんですよね。自分がどの程度の補償を望んでいるかをはっきりさせて、それにちゃんと対応してくれう保険なのかどうかを見ておきましょう。

火災保険の補償内容は、契約プランによって、大きな違いがあり、万全な備えをするためには特約の加入の有無を検討することも大事です。