税理士に依頼する前にまず確認!相続税申告に必要な書類の数々

被相続人や相続人に関する書類が必要

相続税を収めなければならない時、税に詳しい税理士に相談することが一般的です。税理士に相続税について尋ねたり税の申告を行ってもらうつもりであるなら、事前の準備を行った方がスムーズに物事が進みます。相続税の申告では被相続人や相続人に関する書類が必要なため、用意した方が無難でしょう。被相続人が残した遺言書があれば用意しておきます。また、被相続人の除籍謄本や相続人の戸籍謄本の書類、印鑑証明などもが必要になります。

不動産など財産に関する資料を準備

税理士に相続税の相談や手続きの依頼を行うにあたって、相続財産に関する資料は準備が必要です。土地や建物の不動産は相続の対象になるため、不動産の登記簿謄本や実測図は合った方がいいですね。また株式の財産についても相続税の申告には把握する必要があり、株券のコピーやあるいは証券会社が発行した預かり証明書が必要です。その他にも退職金や生命保険など、財産を証明する書類を準備しなければならないため余裕を持っての準備が望ましいです。

債務関連の証明書類も相続税の申告前に用意

相続の申告が必要な場合に忘れていけないのが、債務関係の書類でしょう。相続税の計算では債務も対象になり、債務について詳しくするための資料を用意しなければなりません。借入金があれば、賃貸契約書のコピーが必要になります。その他にも未払い金を証明する請求書や領収書があれば、税理士に依頼する際に用意します。後は、葬儀費用に関しても債務の対象となるため、葬儀の際の諸費用や領収書などの書類が手元にあるか確認した方がいいですね。

素人が遺産の総額を把握するのには、大変な労力が必要です。相続の申告を税理士に任せることは、大幅な手間の省略にもなり、何より専門的な知識が豊富ですから安心です。