自己破産について、これだけは知っておこう

自己破産は怖くない!?人生をやり直すための制度です

自己破産と聞くと怖いイメージがありますが、実はそんなことはありません。もっといいネーミングはないものですかね。自己破産は、法律が認めた人生をやり直すための制度です。払えなくなった借金をゼロにしてくれる、とてもありがたい制度なのです。とはいっても、何でもかんでも借金を帳消しにされては、お金を貸す側からすればたまったものではないでしょう。なので、その辺りは法律で自己破産の条件が整備されているわけです。

自己破産の条件と手続きについて

それでは、自己破産の条件とは具体的には何でしょうか?自己破産は、どうしても借金が返せない人のための制度です。もし、借金が返済可能であれば、その他の債務者救済制度として、任意整理や民事再生、過払い金の返還請求を利用することになります。これらの制度を使っても、借金が返せない人が自己破産を利用するわけですね。自己破産の手続きは裁判所で行われます。裁判所に申し立て破産宣告がされた後、免責決定で裁判所が借金返済の免除を認めてくれると、晴れて借金ゼロとなります。

知っておきたい、自己破産の副作用

自己破産は借金を帳消しにしてくれるという意味で、大変ありがたい制度なのですが、その分、副作用も大きいのが特徴です。その副作用とは、まず、マイホームやマイカーを手放さなければならなくなるということです。自己破産ではお金になるものはすべて換金されて、債権者に返済されます。借金も返さないでマイホームに住み続ける、そんな都合のいいことは許されないんです。また、警備員や保険外交員、弁護士、会社の役員などの職業に就いてる人は、自己破産後、復権するまで職を失うことになります。さらに、いわゆるブラックリストに名前が載るので、今後数年間、ローンを組んだりクレジットカードを作成することができなくなります。これらの副作用は頭に入れておくとよいでしょう。

自己破産とは債務整理の一種で、裁判所が借金内容を精査して免責を決定すると、全ての債務返済義務が免除されます。