高校ってどうやったら転校できるの?転校するためのステップとは

高校入学試験より難しい

高校入試で失敗しても、転校して行きたい高校に行けるのだったら、こんなにラッキーなことはありませんよね。ですが、やはりそんなにうまい話はないのです。高校での転校は欠員が出た場合しか受け付けてもらえないので、行きたい高校に行けるとは限りません。欠員が出た場合の募集は、各学期が始まる前にのみ行われます。いつでも転校できるわけではないので気をつけましょう。また、きちんとした理由がないと応募することができません。

転校のための応募資格とは

転校したい学校に欠員が出た場合、欠員募集されますが、応募には条件があります。例えば、県外から引っ越してくる場合や、同じ県内でも今までの学校に通えないほど離れた場所に引っ越すという場合がそれに当たります。また、私立高校などに通っていて、学費が払えなくなった場合は公立高校に転校することができます。さらに、いじめや病気などが理由で、今までいた高校に通えなくなった場合も応募資格があります。部活動や勉強の成績が非常に優秀で、その能力を伸ばすための転校というのも認められています。

転校の手続きの手順とは?

まず、現在通っている高校の担任の先生に転校したい旨を伝えましょう。そして担任の先生の指示に従いながら、転校したい高校や教育委員会に欠員の有無を確認し、転校の相談をしてくださいね。欠員の募集が出ていましたら、次は試験と面接があります。試験は、通常英数国の三科目行われます。募集人数はごく限られていますので、競争率がとても高いです。元の高校より偏差値が低い学校に行くことになってしまう生徒が多いようです。

高校を転校にするにあたり、小中学校の転校の際に行われる所定の手続きだけではなく、学力を試す試験も行われるのが一般的です。